ローズマリー・カンファー精油の特徴と効果|嗅覚反応分析|メディカルアロマ

精油のプロフィール/////
  1. ホーム
  2. 精油のプロフィール
  3. ローズマリー・カンファー精油の特徴と効果|嗅覚反応分析|メディカルアロマ

\シェア大歓迎です!/

ローズマリー・カンファー

ローズマリー・ベルベノン精油

前回ご紹介したローズマリー・ベルベノンと同じ植物ではあるものの、成分が少し変わってきます。
[sitecard subtitle=関連記事 url= target=https://brest-t.com/aromatherapy/prof/aroma-r/2900/]

ローズマリーの特徴

しまなが
ローズマリーの学名“Rosmarinus”は
海のしずくを意味してるんだって!
ローズマリーの花が滴のような形をしていることに由来しているそうです。
また、聖母マリアにちなんで“マリア様のバラ”と呼ばれたりもしています。

ローズマリー・カンファー精油の基本情報

名前 ローズマリー・カンファー
嗅覚反応分析での分類 左上
学名 Rosmarinus Officinalis
科名 シソ科
抽出部位 花と茎葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な成分 ケトン類
カンファー など
炭化水素類
α−ピネン など
注意事項 乳幼児・妊産婦・授乳中・てんかん患者には使用しない。

 

 

ローズマリー・カンファー精油の薬理作用

代表的なもの、評価が高いものを書いています。

主な薬理作用 薬理作用の詳細 評価(最高☆5)
神経刺激作用 神経系を刺激して、活動を増大させる働き ☆☆☆☆
筋肉弛緩作用 筋肉の緊張を和らげる働き ☆☆☆
粘液溶解作用 痰や鼻水などの粘液を溶解する働き ☆☆☆
胆汁分泌促進作用 胆汁の生成を促して分泌を活発に行う働き ☆☆☆
胆汁排出促進作用 堪能を刺激して、胆汁の排出を促進させる働き ☆☆☆
脂肪溶解作用 体内の脂肪を消費しやすいように溶解する働き ☆☆☆
リラックス作用 緊張を和らげ落ち着かさせる働き ☆☆☆

その他の作用
静脈鬱血除去作用
通経作用 など

参照:嗅覚反応分析士 入門講座テキスト
   嗅覚反応分析士 基礎講座テキスト

 

ローズマリー・カンファー精油の禁忌・注意点

ケトン類を多く含むため、
乳幼児・妊産婦・神経系等の弱い患者、てんかん患者には使用できません。

ローズマリー・ベルベノンと違ってカンファーは使用できないので、使うときはどちらのローズマリーか確認してから使いましょう!

 

使い方・アドバイス

ローズマリー・カンファー精油の特徴は、筋肉弛緩作用

筋肉痛やリウマチなんかにもおすすめになります。

 

嗅覚反応分析でのローズマリー・カンファー精油

嗅覚反応分析的分類では、左上分類となります。
そのため、左上が少ない人にローズマリー・カンファー精油がおすすめになります。

 

左上が少ない人の特徴

嗅覚反応分析における各タイプの特徴は、こちらの記事にまとめています。

[sitecard subtitle=関連記事 url= target=https://brest-t.com/ahis/2848/]

※ 全員に当てはまるわけではありません。

 

【嗅覚反応分析:左上用】症状別メディカルアロマレシピ

嗅覚反応分析の結果、左上が少ない人にオススメな症状別アロマレシピを紹介します(^^)

肩こり・腰痛・関節炎に

<レシピ>

  • ユーカリレモン精油 20滴
  • ローズマリー・カンファー精油 10滴
  • ペパーミント精油 10滴
  • キャリアオイル 10ml

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜4滴
使い方:腹部・背中に塗布

<注意>

乳幼児・妊産婦・神経系等の弱い患者・てんかん患者には使用しないこと。

 

低血圧症

<レシピ>

  • ペパーミント精油 5滴
  • レモンバーム精油 5
  • ローズマリー・カンファー精油 10滴
  • キャリアオイル 10ml 

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜5滴
使い方:みぞおちに塗布

<注意>

乳幼児・妊産婦・神経系等の弱い患者・てんかん患者には使用しないこと。

 

副鼻腔炎

<レシピ>

  • ユーカリ・ディベス精油 5滴
  • ラベンダー・スピカ精油 10
  • ローズマリー・カンファー精油 10滴
  • キャリアオイル 10ml 

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜5滴
使い方:みぞおちに塗布

<注意>

乳幼児・妊産婦・神経系等の弱い患者・てんかん患者には使用しないこと。

※ メディカルアロマレシピを作成するときは、精油の品質に注意しましょう。
※ 精油の使用は自己責任です。持病がある場合等はかかりつけ医にご相談ください。

 

終わりに

アロマ界では3種類に分かれるローズマリー。

それぞれに特徴的な効果(薬理作用)や禁忌・注意事項が違います。

あなたが使おうとしているローズマリーがどのタイプか?は確認するようにしましょう!

\シェア大歓迎です!/

著者

島永卓郎

職業:嗅覚反応分析士 日本全国でも数少ない、アロマを使った体質分析法”嗅覚反応分析”(特許取得済)の認定講師してます。 アロマを学びたい/アロマをうまく活用できない/セラピストとしてスキルアップしたい・もっとお客様と密に付き合いたい/フワフワしてない、理論がしっかりしたアロマを学びたい/嗅覚反応分析を学びたい!そんな方に向けて情報発信してます。講座依頼募集中でっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA