【メディカルアロマの勉強】アカマツ・ヨーロッパ精油の特徴と効果

アカマツヨーロッパ

今日はアカマツ・ヨーロッパ精油についてご紹介していきます(^^)

 

この記事で学べること

・アカマツヨーロッパの特徴
・どんな成分か?
・薬理作用について
・アカマツヨーロッパの使い方

アロマを
使いこなそう!

アカマツ・ヨーロッパ

アカマツヨーロッパ

アカマツ・ヨーロッパは、古代ギリシャ時代から感染症に使われてきた歴史があります。
特にコーチゾン様作用を持っている数少ない精油のため、メディカルアロマでも重宝します。

アカマツ・ヨーロッパの特徴

アカマツ・ヨーロッパは森林の空気に含まれるピネンを主成分とするため、部屋の中で森林浴を楽しむことができます。
アカマツ・ヨーロッパには、いくつかの呼び名があります。

アカマツヨーロッパの別名


パイン
スコッチパイン
パインニードル
オウシュウアカマツ

また、
  • マウンテンパイン
  • ブラックパイン

など、同じマツ科の精油も存在します。

ですが、種類によっては刺激が強いものや、同じアカマツヨーロッパでも抽出部位によって品質が悪いものがあります。

そのため、学名や抽出部位を確認する様にしましょう!

 

アカマツ・ヨーロッパ精油の基本情報

名前 アカマツ・ヨーロッパ
嗅覚反応分析での分類 右下
学名 Pinus sylvestris
科名 マツ科
抽出部位 針葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
主な成分 炭化水素類
α−ピネン
β−ピネン など
注意事項 特になし

 

 

アカマツ・ヨーロッパ精油の薬理作用

代表的なもの、評価が高いものを書いています。

主な薬理作用 薬理作用の詳細 評価(最高☆5)
コーチゾン様作用 副腎皮質ホルモン(コーチゾン)が分泌された時と同じ状態にする働き ☆☆☆☆
鎮痛作用 痛みを和らげる働き ☆☆☆
去痰作用 痰を排泄して解消する働き ☆☆☆
バルサミック作用 感情を落ち着かせ、痛みを和らげる働き ☆☆☆
発赤作用 皮膚の発赤を引き起こす働き ☆☆☆
殺菌作用 細菌を殺す働き ☆☆☆
抗菌作用 最近による感染を抑制する働き ☆☆

その他の作用
抗真菌作用
血圧上昇作用 など

参照:嗅覚反応分析士 入門講座テキスト

 

アカマツ・ヨーロッパ精油の禁忌・注意点

用法用量を守れば、特になし

 

使い方・アドバイス

アカマツ・ヨーロッパ精油の特徴は、コーチゾン様作用

コーチゾン(ステロイドホルモン)と同じような働きが期待できます。

  • 副腎の不調
  • アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • リウマチ、関節炎
  • ストレスによる精神的疲労
  • 喘息や気管支炎等の呼吸器系疾患

など、幅広いトラブルに効果が期待できます。

 

嗅覚反応分析でのアカマツ・ヨーロッパ精油

嗅覚反応分析的分類では、右下分類となります。
そのため、右下が少ない人にアカマツ・ヨーロッパ精油がおすすめになります。

右下が少ない人の特徴

こちらの記事にまとめています。

関連記事

メディカルアロマ+体質改善 嗅覚反応分析@Brest.の島永 卓郎です。   前に嗅覚反応分析してもらったグラフはあるけど、はて、何言われたか… という方のために、今日は現役トレーナーの島永が、 「ど[…]

※ 全員に当てはまるわけではありません。

 

【嗅覚反応分析:右下用】症状別メディカルアロマレシピ

嗅覚反応分析の結果、右下が少ない人にオススメな症状別アロマレシピを紹介します(^^)

アトピー性皮膚炎

<レシピ>

  • アカマツ・ヨーロッパ精油 5滴
  • ティートゥリー精油 10滴
  • バルサムモミ精油 10滴
  • ブラックスプルース精油 5滴
  • ローレル 5滴
  • キャリアオイル 10ml

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜5滴
使い方:腰回りに塗布

<注意>

アレルギーを示すことがあるのでパッチテストを必ず行う。

 

無気力症

<レシピ>

  • アカマツ・ヨーロッパ精油 5滴
  • ブラックスプルース精油 10
  • ローレル精油 5滴
  • キャリアオイル 10ml 

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜5滴
使い方:腰回りに塗布

<注意>

アレルギーを示すことがあるのでパッチテストを必ず行う。

 

鼻炎、蓄膿症

<レシピ>

  • アカマツ・ヨーロッパ精油 20滴
  • ティートゥリー精油 10滴
  • ユーカリ・ラディアタ精油 10滴
  • ラヴィンツァラ精油 10滴
  • キャリアオイル 10ml

<使い方>

1日の使用回数:3回
1回の使用量:3〜5滴
使い方:みぞおちに塗布

<注意>

特になし。

 

終わりに

メディカルアロマでは重宝する一品のアカマツ・ヨーロッパ。

特にこの香りを

嗅覚反応分析士入門講座
 
神がかったいい香り…
と感じている時は、ストレスに対しての抵抗力が下がりがち。
イライラして家族に当たったり、塞ぎ込みがちになったりするサインでもあります。
そんな時は、アカマツ・ヨーロッパの香りで自宅にいながら森林浴をしてみてください!

あ行の精油の最新記事8件

>あなたが“今よりも自分を好きになるため”に

あなたが“今よりも自分を好きになるため”に

嗅覚反応分析で体質を分析する方法を学ぶことは、ただ自分を知るだけではありません。 その本質は、“今よりも自分を少しだけ好きになる”だと、僕は思っています。 あなたの笑顔がどうか増えますように。