アロマって何?どんなものなの?そんな疑問にお答えします!

皆さんは、アロマテラピーという言葉をご存知でしょうか?
そして、アロマテラピーについて、どんな印象をおもちですか?

僕がアロマの勉強を始めた頃、友達に聞いてみたことがあります。

たくろう
たくろう

アロマってどんなイメージがある?

友達1)なんか、香りのやつ

友達2)癒しよね〜

友達3)くさい

たくろう
たくろう

最後何があったの!?

要約すると、
アロマって何かいい香りのする癒しのやつで時々くさい
ってことになりました(笑)

アロマテラピーとは?

アロマセラピーとも呼ばれますが、同じものをさします。※1

アロマ=芳香
テラピー=療法

アロマテラピー=芳香療法

アロマテラピーとは
“芳香植物を使った療法のこと”になります。
つまり、治療をする、治すということを目的として行うものになります。
そして、アロマテラピーで使う香りの液体のことを精油と呼びます。

※1 aromatherapyをフランス語ではアロマテラピー、英語ではアロマセラピーと発音する。

芳香植物って?

芳香植物と書くと、ちょっと難しそうな気がしますね。

芳香植物とは、薬草やハーブといったものをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

・タイ料理に使われるレモングラス
・スパイスカレーに入れるハーブ類
・風邪引いた時に飲む生姜湯の生姜
・漢方に使われている薬用植物

実は結構身近なところで、薬草やハーブって使われています。

料理にはもちろんのこと、不調の改善や病気の予防、ケガの手当てなんかにも使われてきました。

いい香りだけではない

そう、実は、
アロマだからといっていい香りというわけではない
ということになります。

実際にアロマの勉強を始めてから、数十種類のアロマの香りを嗅いできました。

たしかに、バラやラベンダー、オレンジの香りといったように、とってもいい香りの精油もあります。

ですが、結構
「くっさ!!!」
ってなる精油も多くあります(笑)

薬草、という言葉からは、なかなか良い香りや癒しというイメージはわきづらいですね。

それよりも、体に良さそうとか、効きそうってイメージが強いのではないでしょうか?

アロマテラピーは様々な用途で使われてきた

アロマが活用されてきた歴史を紐解くと、紀元前四千年ほど前にさかのぼります。

  • 宗教儀式として
  • 異性へのアプローチ
  • ケガや病気の治療
  • マッサージに

また、アロマテラピーという言葉を作った
ルネ・モーリス・ガットフォセは、火傷を負った際の治療にラベンダーを使用しています。

このことからも、アロマテラピーというものは、
いい香りのものというよりは、効果を期待して使うもの
ということが言えそうです。

精油の成分について

精油の中に含まれる成分は、それぞれにいろんな効果が期待できます。

たとえば、ラベンダーに含まれる成分には
・鎮静(リラックス)作用
・誘眠作用
・神経バランス回復作用

といった効果が期待できます。

精油が持っている成分を参考に作られた薬も非常に多く、
たとえばアスピリンは柳の木の皮の成分から、タミフルは八角の成分を参考に作られています。

クローブ(丁子)は、歯医者さんでは局所麻酔を目的として使われることもあり、「歯医者の香り」として認識している人も多くいます。

このように、アロマテラピーは
香りを楽しむというよりは、その成分がもっている働きを有効活用する
という使い方をすることが、本来の言葉の意味に近いように思います。

匂いを嗅ぐだけでは100%発揮できない?

アロマテラピーの効果を活用しようとする場合、その匂いを嗅ぐだけでは、十分に活用できているとは言えません。

たとえば、あなたが肩こりがひどいとしましょう。
アン○ルツの香りを嗅ぐだけですか?
フェ○タスのフィルムを剥がして、匂いを嗅ぎますか?
きっと、塗ったり貼ったりすると思います。

アロマの成分を活用するときも一緒です。

匂いを嗅ぐだけで効果を発揮する場合
体に塗ることで効果を発揮する場合

アロマを最大限活用するには、これらの使い分けをする必要が出てきます。

まずは簡単にアロマを生活に導入できるように、アロマの使い方についての記事を2つ書いています。

まずは手軽にアロマの香りを楽しむ方法

アロマで快適バスタイム編

次の記事では、実際に体に塗布するための方法をお伝えしていきたいと思います(^^)

あなたの生活に、アロマをプラスするときの参考になれば嬉しいです(^^)

>あなたが“今よりも自分を好きになるため”に

あなたが“今よりも自分を好きになるため”に

嗅覚反応分析で体質を分析する方法を学ぶことは、ただ自分を知るだけではありません。 その本質は、“今よりも自分を少しだけ好きになる”だと、僕は思っています。 あなたの笑顔がどうか増えますように。